2010年02月05日

「いきなり府市解体」大阪市長が橋下構想に疑問(産経新聞)

 大阪市の平松邦夫市長は29日の定例会見で、大阪府の橋下徹知事が提唱する府市再編構想について「確か以前は大きな声で霞が関解体と言っていたが、いきなり府市解体になった。形の見えないものに私の意見を言う段階ではない」と述べ、改めて疑問を示した。

 平松市長は28日に堺市の竹山修身市長の後援会パーティーで橋下知事と同席した場面に触れ、「多くの人が知事に熱狂的な声援を送る姿をみて、思い出したのが(小泉純一郎元首相の)小泉改革。『感動した』などと一言で決めるのが上手で大きな人気を得たが、国民の暮らしはよくなったか」と指摘。「府民、市民には(知事の言動を)冷静に受け止める判断力をお願いしたい」と述べた。

【関連記事】
橋下流2年 試行錯誤の学力対策、現場とズレも
大阪府・市再編で直接対決 川柳で皮肉も
橋下府知事、府市連携から再編 「決別」の狙いは? 
橋下知事が「神戸空港は失策」
橋下知事、帰国第一声は「大阪“市”を解体」

政府が「検察リーク」否定の答弁書を閣議決定(産経新聞)
<秋葉原無差別殺傷>責任能力が最大争点に 28日初公判(毎日新聞)
元厚労局長、村木被告は無罪主張 郵便不正初公判(産経新聞)
<インフルエンザ>患者は8週間ぶりに増加(毎日新聞)
テレ朝が業績予想を上方修正 10年3月期、スポット広告が好調(産経新聞)
posted by b2kivuqzr1 at 00:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。